Electronic Travel Authorityとは何ですか?

Electronic Travel Authority (ETA)は、オーストラリアへの渡航許可するもので、渡航者のパスポート情報で電子的にパスポートに管理されています。短期滞在短期の観光または商用公用で渡航される方を対象としています。

申請するには何をする必要がありますか?

ETAウェブサイトを通じてETAを申請するには、有効なパスポート、電子メールアドレス、クレジットカードが必要です。

American Express、Diners Club、JCB、Mastercard、またはVisaでの支払いが可能です。

オンラインでETAをどのように申請しますか?

オンラインでETAを申請するには、ETAのウェブサイトにアクセスして下さい。オーストラリア国外から申請し、観光または公用・商用目的でオーストラリアを訪問する予定でなければなりません。

本サイトからETA申請ができるのは、下記のいずれかの国または地域のパスポートをお持ちの方です。

  • ネイ
  • 香港 (特別行政区)
  • 日本
  • マレーシア
  • シンガポール
  • 韓国
  • アメリカ

上記のいずれの国のパスポートもお持ちでない場合は、本サイトからETA申請はできません。上記の国または地域以外のパスポートをお持ちの場合、旅行代理店、航空会社あるいはオーストラリア政府移民局を通じてETA申請が可能な場合があります。またETAとは異なる訪問ビザをオンラインで申請できる場合もあります。

パスポートに記載されているとおりご入力下さい。

申請/認可プロセスの一環として、参照番号が発行されます。参照番号を使用してETAの登録確認が可能

です

オーストラリアに滞在できる期間は?

1回の渡航につき、最長で3ヶ月間オーストラリアに滞在できます。

私はオーストラリアに3ヶ月以上観光で滞在する予定です。どうしたらいいですか?

3ヶ月より長い期間オーストラリアに滞在できるビザを申請する必要があります。詳細については、www.border.gov.auを参照してください。

このサイトでのクレジットカードでの支払いはどの程度安全ですか?

クレジットカードによるお支払いはSecurePayが運営している電子支払いシステムを通じて処理されます。SecurePayはインターネット上でクレジットカード支払い処理を認証するための安全な方法を提供しており、このサイトで使用できるクレジットカード会社によって特別に評価・承認されています。

クレジットカードの詳細は送信される瞬間に暗号化されるので、銀行ネットワークを通じて転送されるときには暗号化されています。お使いのブラウザーがこのサイトで必要とされるレベルの暗号化に対応していない場合、ETAを申請できません。

このサイトはどのブラウザーで利用できますか?

個人情報のセキュリティとプライバシーを保護するために、このサイトでは、お使いのブラウザーとサイト間での個人データのすべての転送に、セキュリティで保護されたプロトコル(HTTPS)を使用しています。従いまして、お使いのブラウザーがHTTPSに対応していなければなりません。このサイトは、128ビット暗号化を使用してセッションのセキュリティを確立しようとします。ブラウザーがこのレベルの暗号化に対応していない場合、セッションが確立しないので、ETAの申請を送信することができません。特に、このサイトは次のブラウザーで機能します

  • マイクロソフトインターネットエクスプローラー 8、またはそれ以降
  • ファイヤーフォックス 26、またはそれ以降
  • クローム 32、またはそれ以降
  • サファリ 6、またはそれ以降

ファイアウォールで保護されているサイトからこのシステムの「ETAの申請」または「ETAの確認」部分に接続できない場合、ファイアウォールがセキュリティで保護された接続を妨害している可能性があります。その場合はウェブマスターまたはインターネットサービスプロバイダーに連絡してください。

私のブラウザーがセキュリティで保護されたプロトコルに対応していない場合はどうしますか?

お使いのブラウザーがセキュリティで保護されたプロトコル(HTTPS)に対応していない場合、ブラウザーを更新する必要があります。一般的に使用されている最新バージョンのブラウザーは、提供元のウェブサイトから無料でダウンロードできます。

このサイトを通じて申請する資格がない場合には何ができますか?

オンラインでETAを申請できない場合でも、旅行代理店、航空会社、またはオーストラリア・ビザ課を通じてETAを申請する資格のある場合があります。あるいは、それ以外の種類の電子観光ビザを申請する資格がある場合もあります。またETAとは異なる訪問ビザをオンラインで申請出来る場合もあります。

他の言語に翻訳された申請書がありますか?

オンラインのETA申請には英語と日本語があります。日本語の場合、ETAホームページの右角にある日本語アイコンを選択してください。

年齢制限はありますか?

いいえ、ありません。

オンラインのETA申請に私の子供を含めることができますか?

いいえ。お子様も別々に申請をしなければなりません。お子様があなたのパスポートに併記されている場合でも、別々にETAを申請する必要があります。

オンラインETA資格条件をすべて満たしていれば、あなたと一緒に渡航する家族の分のETA申請も、オンラインETAシステムを利用して行うことができます。

ETAの処理にはどのくらいかかりますか?

ほとんどの場合、オンラインETAシステムで登録後すぐに申請結果が知らされます。申請によっては処理に時間がかかる場合があります

申請が即座に処理されない場合は、12 時間後に「ETAの確認」でチェックし、申請が承認されたかどうか確認してください。

申請の内容に間違いがあった場合にはどうしますか?

慎重に個人情報を入力して下さい。 入力した全項目を見直す機会が与えられます。すべての情報が正確であることを確認するまで、いつでも入力内容を訂正できます。

間違った情報を入力した場合、続行する前に訂正して下さい。情報を確認した後は、払い戻しできないサービス料金がクレジットカードに課金されます。

後から間違いを見つけた場合は、新しく申請する(再度サービス料金がかかります)か、最寄りのオーストラリアのビザオフィスまで連絡してください。

私のETA申請に更なる手続きが必要であるか、どうかどうしたら分かりますか?

申請に更なる手続きが必要である場合、ETAのウェブサイト接続中に知らされます。申請が承認されたかどうか確認するには、12時間以内に「ETAの確認」を使用してください。

申請が承認されない場合はどうなりますか?

申請が承認されない場合、最寄りのオーストラリア・のビザオフィスで申請の最終手続きをする必要があります。

ETAの申請が失敗しました。支払った20ドルを返金してもらえますか?

いいえ、サービス料金は払い戻しできません。

ただし、ETA申請のフォローアップのためにオーストラリアのオフィスにお問い合わせいただく場合には、再度ETAサービス料金が加算されることはありません。

既にオーストラリアへ渡航するための有効なビザを保有お持ちの場合は?

オーストラリアへ渡航するための有効なビザを既にお持ちの場合は、申請中にそのことがわかる表示が出ます。また、申請を続けるかどうかを問う質問も表示されます。申請を続けた場合、ETAが発給されても、現在有効なビザやETAが失効するまで使用出来ません。

なぜ別名があることを申告しないといけないのですか?

オーストラリアへ渡航する際、渡航者が有効なビザを持っていることを確認する必要があります。

もしETA申請の際に、パスポート上のお名前と僅かに異なるお名前を登録してしまっても、別名や別のつづりが入力されていれば、あなたが有効なビザをお持ちであるかどうかを調べやすくなります。

なぜ刑事上の有罪判決を受けたことを申告しないといけないのですか?

刑事上の有罪判決(実刑・執行猶予に関わらず、合計12ヶ月以上の刑期)を受けたことがある場合は、ETAを申請しないで下さい。

刑事上の有罪判決を受けたことがある場合は、ETAを申請しないで下さい。

ビザ条件に違反していることが判明した場合は、入国審査の際にビザがキャンセルされる可能性があります。その場合はオーストラリアに入国することが出来ません。

ETAで遵守するべき条件は何ですか?

  • 渡航目的が、観光もしくは商用・公用のみであること。
  • ETA許可日から12ヶ月間、数次渡航可能
  • 1回の訪問で滞在できる期間は最長3ヶ月。
  • 条件8115 - 就労不可。但し、商用公用(商談、会議ならびに学会出席)は可能です。移民局のサイトに就労可能なビザについての詳しい情報をご案内しております。
  • 条件8201 - 3ヶ月以上の就学不可。
  • 条件8527 - 結核を患ったことがないこと。
  • 条件8528 - 服役、執行猶予の有無にかかわらず、刑事有罪判決を受けていないこと。

重要:健康で犯罪歴が無い方でなければ、入国を拒否される場合があります。許可された滞在期間が切れる前にオーストラリアから出国しなければなりません。出国しなかった場合、身柄拘束または強制退去の対象となります。ビザなしで不法滞在をした場合、その後のオーストラリアのビザ(ETAを含む)の取得に影響が出ることになります。ETAで許可されている期間は最長3ヶ月までです。3ヶ月以上オーストラリアに滞在しなければならない事情が生じた場合は、その3ヶ月の滞在期限が切れる前にオーストラリア国内の最寄りの移民局から別のビザを取得しなければなりません。

私はオーストラリア国籍を持っていますが、他の国籍も持っています。オーストラリアへ渡航するにはETAが必要ですか?

オーストラリア国籍の方はオーストラリアへ入国する権利があるため、ビザやETAは必要ではありません。

移民局からの電子メールが受信できない理由は?

電子メールを確実に受信するために以下のことを行ってください。

  • 使用している電子メールアドレスが有効である
  • 電子メールの容量が一杯でないことを確認することを確認する
  • 電子メールのスパムスキャナーがborder.gov.auからの電子メールを受け付けることを確認する
  • 電子メールのスパムスキャナーを定期的にチェックして、移民局からの電子メールが誤って迷惑メールとして特定されていないことを確認する
  • 受信したメールが文字化けで判読できない場合は、エンコードを変更するなど、受信側で対処すること。
  • 入力したEメールアドレスが、正しく入力されているかを確認する