ETAとは?

Electronic Travel Authority(ETA)は、オーストラリアへの渡航許可で、渡航者のパスポート情報で電子的に管理されています。

観光や、会議出席、調査、契約交渉などのビジネスを目的とした短期滞在が対象です。

ETAは就労ビザではありません。オーストラリアで就労する人は、以下のビザファインダーで、渡航目的に適したビザの種類を見つけてください。 border.gov.au/trav/visa-1

オンライン申請

このウェブサイトでETAのオンライン申請をするには、現在オーストラリア国外にいること、以下の各国・地域のパスポートを所持していることが要件となります。

  • ブルネイ・ダルサラーム
  • カナダ
  • 香港(SAR PRC)
  • 日本
  • マレーシア
  • シンガポール
  • 韓国
  • アメリカ合衆国

ETAを申請する際は、パスポートの記載内容を間違いなく正確に入力してください。

ETAオンライン申請の要件を満たしていない場合は、旅行代理店、航空会社もしくはオーストラリアのビザオフィスを通じて申請できる場合があります。また、オーストラリアに旅行、就労、留学を希望する人は、以下のビザファインダーで、渡航目的に適したビザの種類を見つけることができます。 border.gov.au/trav/visa-1

申請方法

ETAのオンライン申請をするには、現在オーストラリア国外にいることが必須です。

ETAは観光や、ビジネスを目的とした短期滞在が対象です。

オンライン申請には、パスポート、電子メールアドレス、有効なクレジットカードが必要です。

ETAのオンライン申請には、パスポートの記載内容を間違いなく正確に入力してください。渡航の際は、オンラインETA申請に用いたパスポートを使って入国してください。

有効な渡航書類やビザ、認証等を持たずにオーストラリアに入国しようとした場合、入国が拒否されたり、個人の特定やオーストラリア入国資格を確認するのに時間がかかる場合があります。

ETAの要件

ETAの要件は以下の通りです。

  • 所持するビザの種類によってオーストラリア滞在中にどのような活動が認められているのかを確認することは、渡航者の責任です。
  • ETAの取得後、発行日から12カ月間もしくはパスポートの有効期限(どちらか早い方)までは、何度でもオーストラリアに入国できます。
  • オーストラリア滞在期間は1回の渡航につき3ヶ月以内です。
  • 3ヶ月を越える留学は認められません。
  • 結核を患っていないこと。
  • 刑期の合計が12ヶ月を越える有罪判決(実刑に関わらず)を受けていないこと。
  • ETA所持者が就労することは違法です。ETAでオーストラリアに滞在している場合は、働くことはできません。業務関連の調査や、契約交渉、会議出席等、ビジネス目的の活動をすることは認められます。

より詳しい情報

ETAに関するより詳しい情報は、よくある質問(FAQ)、またはオーストラリアの移民国境警備省のウェブサイトを御覧ください。

ETAに関するお問い合わせ先

ETA申請に関するお問い合わせには、一般のお問い合わせフォームを御利用ください。

オーストラリアのビザオフィスやETA相談窓口は、以下のリンクで見つけることができます。border.gov.au/Trav/Visa/Appl/Electronic-travel-authority.

​​